論説

論説

アストラゼネカは、安全性・有効性の高いワクチン開発に向けてスピーディな対応を

 英製薬大手アストラゼネカとオックスフィード大学が共同開発している新型コロナウイルスワクチン(AZD1222)をめぐって、臨床試験の被験者に深刻な副作用の発生が疑われる症例が報告され、全世界的に治験が一時中断された。同治験は、南アフリカで...
論説

 Column(4)  調剤報酬改定(2020年)に見る改革の芽吹き門林宗男 (前兵庫医療大学薬学部教授・元兵庫医科大学病院薬剤部長)

Exif_JPEG_PICTURE  調剤報酬改定の答申が出された(令和2年2月7日 中医協)。同時に療養担当規則及び関連基準等の改正(主に用語の修正と処方箋等の様式変更等:令和2年4月1日施行)についても明らかになった。今回の調剤...
論説

column (3)   改正薬機法(薬剤師法一部改正含めて)と薬局・薬剤師業務  門林宗男 (元兵庫医科大学病院薬剤部長・元兵庫医療大学薬学部教授)

Exif_JPEG_PICTURE  医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)が、5年ぶりに大改正された(2019年11月27日国会成立 以下、新薬機法と略)。薬機法改正の論点は、松野晴菜氏(厚生労働...
論説

column (2)  薬生総発0402第1号「調剤業務のあり方について」通知を咀嚼する  門林宗男 (元兵庫医科大学病院薬剤部長・元兵庫医療大学薬学部教授)

Exif_JPEG_PICTURE  本通知では、薬局において薬剤師以外の職員にもできる一部の薬剤業務が示され、その運用条件として手順書と担当者への研修が求められている。また、薬局における対物業務の効率化に向けたさらなる推進へと、有...
論説

武田薬品の挑戦、シャイヤ―社の買収 元武田薬品安全性研究所 宮嶌 宏彰

はじめに 武田薬品工業株式会社(武田)は2019年1月8日、アイルランド製薬大手シャイアー社の買収手続きが完了し、シャイヤ―社株を100%買収し、完全子会社化した。買収額は約6兆2000億円で、日本企業による海外企業のM&A...
タイトルとURLをコピーしました