アステラス製薬と RPE細胞製造方法等に関するライセンス契約締結 ヘリオス

ヘリオスは19日、アステラス製薬の子会社で他家多能性幹細胞由来の分化細胞を用いた治療法を研究するアステラス インスティチュート フォー リジェネレイティブ メディシン(AIRM、米国マサチューセッツ州)と網膜色素上皮(RPE)細胞の製造法・...
団体・企業

勤務継続型譲渡制限付株式報酬及び業績連動型譲渡制限付株式報酬として自己株式処分 小野薬品

小野薬品は20日、勤務継続型譲渡制限付株式報酬及び業績連動型譲渡制限付株式報酬として自己株式の処分を行うと発表した。処分の概要、および処分の目的及び理由は次の通り。 【処分の概要】 (1)勤務継続型譲渡制限付株式報酬としての処分 ①払込期日...
団体・企業

譲渡制限付株式報酬としての自己株式を処分 塩野義製薬

塩野義製薬は20日、譲渡制限付株式報酬として自己株式の処分を行うと発表した。処分の概要は、次の通り。 (1)処分期日:2024年7月19日(2)処分する株式の種類及び数:同社普通株式7万4100株(3)処分価額:1株につき6068円(4)処...
新薬情報

先天性心疾患術後の抗凝固療法における小児適応薬「イグザレルト」の役割 安河内聰氏(相澤病院臨床検査センター エコーセンター センター長 / 循環器内科顧問)

相澤病院臨床検査センターエコーセンター センター長/循環器内科顧問の安河内聰氏は、バイエル薬品プレスセミナーにおいて、「小児の血栓症予防に患者負担の少ない新たな選択肢―フォンタン手術後の血栓症予防の現状と課題―」をテーマに講演した。同氏は、...
団体・企業

肥満治療薬「S-309309」の開発ライセンス活動再開を改めて強調 手代木功塩野義製薬会長兼社長CEO

鎮咳薬不足は後発品メーカーを含めた業界全体で対処を  塩野義製薬の手代木功会長兼社長CEOは20日、大阪市内で開催された第159回定時株主総会で肥満治療薬「S-309309」について言及。「単剤開発の可否判断基準として設定していたベースライ...