団体・企業

オプジーボとヤーボイの併用療法 FDAが進行肝細胞がんで優先審査     小野薬品

 小野薬品は12日、オプジーボとヤーボイの併用療法について、米国FDAが治療歴を有する進行肝細胞がん患者に対するブリストル・マイヤーズ スクイブ社(BMS)の申請を優先審査の対象として受理したと発表した。 今回FDAに受理されたのは、ソラ...
団体・企業

オプジーボ・ヤーボイ併用療法 結腸・直腸がんでの効能追加を国内申請   小野薬品とBMS

 小野薬品およびブリストル・マイヤーズスクイブ社(BMS)は12日、オプジーボとヤーボイとの併用療法について、結腸・直腸がんに対する効能追加申請を厚労省に行ったと発表した。  効能追加申請された結腸・直腸がんは、がん化学療法後に増悪した治...
団体・企業

遺伝性血管性浮腫患者対象のP3試験で有効な結果      武田薬品

 武田薬品は11日、12歳以上の遺伝性血管性浮腫(HAE)患者を対象としたP3相HELP(遺伝性血管性浮腫長期予防)試験の非盲検延長試験で、TAKHZYRO注射剤の長期安全性および有効性が示されたと発表した。  同試験の解析結果により、T...
団体・企業

e-お薬手帳の提携先をNTTドコモに変更し拡大化目指す   大阪府薬藤垣会長

 大阪府薬の藤垣哲彦会長は、「日薬e-お薬手帳(日薬)、大阪e-お薬手帳(大阪府薬)の現在の事業提携先であるSTNetをNTTドコモに変更し、それを契機に両お薬手帳を統合してさらなる拡大化を目指す」構想を示した。11日に開かれた大...
団体・企業

赤芽球性プロトポルフィリン症対象P2試験で好結果    田辺三菱製薬

 田辺三菱製薬は11日、赤芽球性プロトポルフィリン症(EPP)患者における光過敏症(日光暴露による激しい疼痛を含む)の予防で開発を進めている選択的メラノコルチン1受容体作動薬MT-7117(経口剤)について、ENDEAVOR試験で良好な結...
タイトルとURLをコピーしました