新薬情報

新薬情報

SGLT2阻害薬「カナグルOD錠」への期待 門林宗男 (前兵庫医療大学薬学部教授・元兵庫医科大学病院薬剤部長)

研究開発型製薬企業として患者・医療従事者の様々なニーズに応えた製品を提供  「カナグル錠」(一般名:カナグリフロジン水和物錠)は、田辺三菱製薬が創製した日本オリジンのSGLT2阻害薬で、2014年9月、2型糖尿病治療薬として上市された。さら...
新薬情報

ブレヤンジ 慢性リンパ性白血病P2試験で好結果 ブリストル マイヤーズ スクイブ

ブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)は18日、ブレヤンジについて、再発または難治性の濾胞性リンパ腫(FL)を対象とした非盲検単群国際多施設共同P2試験(TRANSCEND FL 試験)において、セカンドライン治療を受けた高リスクの再発...
新薬情報

マンジャロの ‟HbA1c7%未満”達成に向けた役割に期待 門脇孝氏(虎の門病院院長)

門脇氏  日本イーライリリーと田辺三菱製薬は8日、東京都内で「世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ~2 型糖尿病治療におけるアンメットニーズと展望~」をテーマにメディアラウンドテーブルを開催した。 その中で、「糖尿病のない...
新薬情報

希少疾病「心アミドーシス」の特徴と診断・治療の現況 遠藤仁氏(慶應義塾大学医学部 循環器内科 専任講師)

日本において心不全患者120万人の内 1万人以上のATTR心アミロイドーシス患者が潜伏  ファイザーは、2月28日は “世界希少・難治性疾患の日(RDD)” メディアセミナー「希少・難治性疾患の患者さんのEquity(公平)実現のために社会...
新薬情報

レビー小体型認知症 多彩な症状を手掛かりとした専門医による認知機能低下前の‟早期診断”が可能 住友ファーマプレスセミナー

池田氏 橋本氏  住友ファーマは17日、「レビー小体型認知症(DLB)」に関するプレスセミナーを開催し、池田学大阪大学大学院精神医学教室教授が、「第2の認知症〜DLBの多彩な症状と治療法の進歩〜」、橋本衛近畿大学医学部精神神経科学教室主任教...