研究・開発の窓

研究・開発の窓

アミノ酸のシスチン・グルタミン摂取が激しい長時間運動後の腸管バリア機能低下を抑制 早稲田大学

アスリートが抱えるコンディショニング低下抑止策への活用に期待  早稲田大学スポーツ科学学術院の宮下政司教授らの研究グループと味の素は16日、一過性の激しい運動が腸管透過性に及ぼす影響を評価し、アミノ酸のシスチン・グルタミンの...
研究・開発の窓

大脳での記憶形成・維持に関わる分子・細胞レベルの機構解明を推進 奥野浩行鹿児島大学教授

認知症や精神疾患の治療法・治療薬開発への応用に期待 奥野氏  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科奥野浩行教授(生体機能制御学講座 生化学・分子生物学分野)らのグループは、大脳での認知機能、特に記憶形成や維持に関わる分子・細胞機構...
研究・開発の窓

オプジーボとカボメティクスの併用療法 進行腎細胞がん一次治療のP3試験追跡調査で好結果 小野薬品

 小野薬品は15日、オプジーボとカボメティクスの併用療法について、進行腎細胞がんのファーストライン治療を対象としたP3相CheckMate-9ER試験の2年間の追跡調査で持続的な生存ベネフィットを示したと発表した。同社と提携するブリストル...
研究・開発の窓

生体分子モーターで駆動される物質輸送機構の失活したモーターの影響を解明 岐阜大学

高性能なバイオセンサー開発への寄与に期待  岐阜大学工学部の新田高洋准教授らの研究グループは、カナダMcGill大学との共同研究で、生体分子モーターによって駆動される物質輸送機構における失活したモーターの影響を解明した。 細胞内には...
研究・開発の窓

ナノ発電パッチで傷の自己治癒を促進する最先端材料科学研究を公表 台湾、国立清華大学Zong-Hong Lin教授ら

図の説明:ピエゾ電気または摩擦電気ナノ発電素子は、軽量、柔軟性、弾性、生体適合性という観点から創傷の自己治癒を助ける被覆材としてすぐれた候補である。  Science and Technology of Advanced Mater...
タイトルとURLをコピーしました