新型コロナウイルス感染の完全収束祈念して厳かに神農祭開催  少彦名神社

左から塩野薬祖講講長、別所宮司、田村祭典委員長

 大阪の「止めの祭り」神農祭の宵宮が22日、大阪道修町の少彦名神社で厳かに斎行され、‟新型コロナウイルスの完全収束”と‟人々の健康増進、医学・薬業の発展”が祈念された。
 今年の神農祭も、昨年作成した‟神農祭での新型コロナウイルス感染防止ガイドライン”に則り、できるだけ密集を回避。「露店は出さない」、「境内への参拝者の入場を調整し、ソーシャルディスタンスを保つ」、「直会(なおらい)、22日の酒席、23日の茶席は行わない」、「大阪家庭薬協会のくすりのゆるキャライベントの中止」など、徹底した感染防止対策の下での開催となった。
 なお、道修町通りの提灯・大笹飾り、神虎・撤饌の授与に関しては、例年通り実施されている。
 今年の神農祭の祭典委員長は田村恵昭氏(田村薬品会長)、副祭典委員長は水野正己氏(第一三共関西支店長)が務める。

玉櫛奉奠する塩野氏


 午前10時より斎行された祭典には、塩野元三薬祖講講長(塩野義製薬特別顧問)、田村祭典委員長、水野副祭典委員長、同神社総代、薬祖講評議員ら約30名が参列。そぼ降る小雨の中、神殿では、修祓、祝詞奏上、お神楽、玉櫛奉奠、撤饌などの神事がつつがなく厳粛に執り行われた。
 今年も別所賢一宮司が奏上する祝詞の中には、「新型コロナウイルス退散」の文言が盛り込まれ、「新型コロナウイルス感染の完全収束と医薬・薬業の発展」をしっかりと祈願し、二日間の祭りがスタートした。
 塩野薬祖講講長は、「本日の神農祭では、昨年に引き続いて世界中の新型コロナウイル拡散が完全に鎮まるように大神様に祈願した」と報告。
 その上で、「我々医薬品産業も、新型コロナウイルスに対応するためのワクチンや治療薬の開発も含めて、より良い医薬品を創出して世界の人々の健康に貢献しなければならないと改めて意を強くしている」とコメントした。

お神楽

タイトルとURLをコピーしました