研究・開発の窓

研究・開発の窓

免疫プロテイン「アイムP26」が運動による臓器へのダメージを軽減 オルトと早稲田大学が共同研究

学術論文「Biomedicines」/ 実験風景と測定風景  オルトは27日、早稲田大学と共同研究をおこなってきた激運動由来の臓器傷害の負担軽減に関する研究において、免疫プロテイン原料の「アイムP26」が運動による臓器へのダメージ軽...
研究・開発の窓

血液脳関門を再現するヒトのミニブレインを開発 東京薬科大学薬学部 降幡知巳教授(医療薬学科個別化薬物治療学教室)

 血液脳関門は、今も脳疾患治療薬などを開発する上で分厚い壁となっている。東京薬科大学薬学部の降幡知巳教授(医療薬学科個別化薬物治療学教室)は、オリジナルのヒト不死化細胞を使って、ミクロサイズの血液脳関門の生体模倣システムの開発に成...
研究・開発の窓

オプジーボと化学療法の併用療法 術後補助療法の胃がん・食道胃接合部がんP3試験で未達 小野薬品

 小野薬品は23日、オプジーボと化学療法の併用療法について、術後補助療法における胃がんまたは食道胃接合部がんを対象としたP3試験(ATTRACTION-5試験)で、無再発生存期間(RFS)の有意な延長が示されなかったと発表した。 治癒切除...
研究・開発の窓

64回米国血液学会で多発性骨髄腫の多様なポートフォリオ発表 ブリストル マイヤーズ スクイブ

 ブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)は22日、第64回米国血液学会(ASH)年次総会において、標的および分子的アプローチによる多発性骨髄腫のポートフォリオについて初公表となる結果と新しい研究を発表した。 これらの発表は、多発性骨髄...
研究・開発の窓

「街づくり」によるメンタルヘルス増進が日本人中年者のうつ症状改善 北陸先端科学技術大学院大学と早稲田大学

 北陸先端科学技術大学院大学創造社会デザイン研究領域のクサリ モハマドジャバッド准教授、早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授と石井香織教授らの研究グループは、自宅近隣の犯罪や交通に関した安全性に対する認知や、交通機関へのアクセスや近...
タイトルとURLをコピーしました