団体・企業

ピオニエとの共同研究了       塩野義製薬

塩野義製薬は13日、カーブアウトベンチャー企業のピオニエとの間で15年10月より実施していた共同研究を終了し、ピオニエの全株式の買い取りを実施したと発表した。共同研究終了は、両社で設定した目標を達成したため。  ピオニエは、大阪商工会議所...
団体・企業

薬局の連携体制整備のための検討モデル事業を推進       大阪府薬

 大阪府薬剤師会は、厚労省の「令和元年度薬局の連携体制整備のための検討モデル事業」の一環として、「入退院時の情報共有を軸とした各種薬学的管理の提案検討事業(事業費1703万円)」を展開する。10日の定例記者会見で、藤垣哲彦会長が明...
団体・企業

DSMBよりナパブカシンのPⅢ試験継続推奨を受領   大日本住友製薬

 大日本住友製薬は7日、米国で開発中のナパブカシンの結腸直腸がん患者を対象としたP3試験(CanStem303C試験)の試験継続推奨を、DSMB(独立データモニタリング委員会)より受領したと発表した。  ナパブカシンの開発は、ポストラツー...
新薬情報

「在宅・病棟・ベッドサイドで瞬時に役立つ薬剤情報」

「スタレボ配合錠L50,L100」(抗パーキンソン剤) のエッセンス 効能又は効果;パーキンソン病〔レボドパ・カルビドパ投与において症状の日内変動(wearing-off現象)が認められる場合〕 *製品の詳細は、添付文書・イン...
新薬情報

「在宅・病棟・ベッドサイドで瞬時に役立つ薬剤情報」を適宜連載

 適正使用のための医薬品情報提供の一環として、山本克己氏(神戸薬科大学薬学臨床教育センター臨床特命教授、前大阪警察病院薬剤部長・医学博士)が、“在宅・病棟・ベッドサイドで瞬時に役立つ薬剤情報”を適宜連載していく。この企画は、薬剤師...
タイトルとURLをコピーしました