株式会社KAC

臓器表面からの直接投与法により、抗がん薬の副作用を低減し、効果を高める 西田孝洋 長崎大学大学院教授・薬学部長

 肝臓などの臓器表面から抗がん薬を直接投与し、腫瘍のある部分を狙い撃ちする―このような新しい投与形態のドラッグデリバリーシステム(DDS)の研究を進めているのが、長崎大学大学院大学院医歯薬学総合研究科の西田孝洋教授(薬剤学分野)だ...
研究・開発の窓

光酸素化触媒を用いた新たなアルツハイマー病治療薬開発に挑む  東京大学大学院薬学研究科 富田泰輔教授

 2021年6月、FDAが18年ぶりとなるアルツハイマー病(AD)の新規治療薬アデュカヌマブを迅速承認し、認知症の創薬研究史に新たな一頁が書き加えられた。また、2021年4月に東京大学大学院薬学研究科・富田泰輔教授(機能病態学)ら...
研究・開発の窓

DNA医薬品や間葉系幹細胞の標的指向化技術の開発を推進 山下富義 京都大学大学院薬学研究科教授

肝臓や炎症組織に効率的に薬物や治療細胞を届ける  京都大学大学院薬学研究科の山下富義教授(薬品動態制御学分野)らの研究グループは、低分子化合物からペプチド・タンパク質、核酸、細胞などへと進化する薬物のモダリティに対応したドラ...
研究・開発の窓

大脳での記憶形成・維持に関わる分子・細胞レベルの機構解明を推進 奥野浩行鹿児島大学教授

認知症や精神疾患の治療法・治療薬開発への応用に期待 奥野氏  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科奥野浩行教授(生体機能制御学講座 生化学・分子生物学分野)らのグループは、大脳での認知機能、特に記憶形成や維持に関わる分子・細胞機構...
タイトルとURLをコピーしました