健康アシスト

長引く痛みへの体外衝撃波治療による新アプロ―チ 体外衝撃波治療のエキスパート熊井司氏(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)に聞く カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン

熊井氏  体外衝撃波治療とは、音波の一種である「衝撃波」を体内の組織に伝達することで、疼痛改善や組織修復を促す治療法である。 カールストルツ・エンドスコピー・ジャパンの衝撃波デバイスチーム(本社:東京都)では、体外衝撃波治療器を取り...
健康アシスト

薬学生実務実習まとめ発表会

 薬学生は、5回生の時に薬局で11週間の実習を受けた後、続けて病院でも11週間の実習をします。1年間を4期に分け、薬局では1~3期に、病院では2~4期に実習をしています。堺市薬剤師会では、薬局の実習を終了した時に、まとめ発表会を開催してい...
健康アシスト

第8波に備えた薬剤の確保はどうすればよいの? 新宿区 さこむら内科医院 迫村泰成

 発熱外来、徐々に陽性者が増加しています。オミクロン株なので、ほとんどが軽症ではあります。さりとて、発熱に加え、咽頭痛が強かったり、倦怠感や咳・鼻水は伴いますので、対症療法としての薬剤は必要な方は多い。 今までは、陽性者に院外の薬局に行っ...
健康アシスト

がん発見のきっかけは「健康診断」、乳がんは「自分で気付く」ケースが多数 ティーペックが実態調査

個人の医療・ヘルスケアへの意識向上が早期発見の重要な要因に  セカンドオピニオン手配、24時間健康相談等の医療・健康サービスを提供するティーペックは、直近15年以内にがんに罹患した経験のある20代~70代の男女にがん治療につ...
健康アシスト

【前編】第15回くすり文化 ーくすりに由来する(or纏わる)事柄・出来事ー 八野芳已(元兵庫医療大学薬学部教授 前市立堺病院[現堺市立総合医療センター]薬剤・技術局長)

DSC_1013 (2)-3:平安時代(794~1185)-(2)「平安京」と「平安神宮」を探る 【時代考証】平安時代の時の流れと出来事を「人と薬のあゆみ-年表 www.eisai.co.jp › museum › h...
タイトルとURLをコピーしました